先生の入れ歯

投稿日:2012年9月26日|カテゴリ:若先生日記
先生の入れ歯  

この入れ歯を作った先生は
父(洋二)が学生の時教わった先生でもあり
また僕も学生の時に教わった先生でもある。
もうこの先生は歯科医療はしておりませんが
大学でも長く補綴(入れ歯)で教授もされていました。
先生の最後の講義(最終講義)では僕が先生の講義が終わったとき
代表で花束を渡しました。
これも何かの縁なのかなぁと思えました。
父も僕も大学ではスキー部に所属していて
先生もスキー部の顧問をされていたこともあり仲が良かったのです。
冬はリフトに乗りながらいろんな話をしましたが
不思議と歯科の話はした覚えがないです(笑)
オン・オフがしっかりしている?のはお互い様でしょうか。

今日来た患者さんはその先生が大学病院で診ていた患者さんです。
先生の作った義歯を見ただけでもいろいろ勉強になります。
父も僕もこの先生の講義もきいてますし、一緒にスキーをしたり、お酒も飲んだりしていますから。
 
この義歯を見ただけで父も僕もその先生のいろんなことを思い出すのです。
父と僕の入れ歯の師匠は同じ先生なのです。
そろそろ先生の顔見に会いに行こうかな。