戸隠

投稿日:2012年11月6日|カテゴリ:若先生日記
先週に続き 今週末も長野の戸隠へ日曜の早朝行った。
戸隠にはam4時くらいに着き、車の温度計を見たらマイナス4.5度。
寒くて日の出まで車で仮眠しようと思うものの寒さで
すぐ目が覚めてしまいました。
朝 6時20分くらいから戸隠の植物園を歩きました。
僕は野鳥が目当てで戸隠を訪れますが、戸隠の奥社に観光で来る方も多く
朝6時から奥社に向かって歩く方々が多かったです。
戸隠

植物園内の遊歩道を歩くと遊歩道の下から野鳥がバサバサっと逃げ出して行きました。
渡ってきたばかりのツグミのようです。
先週同様ツルマサキのついている木のところへ行くと僕が一番乗りでした。他に誰もいません。
おそらく気温はまだ氷点下 はく息も白いです。冬です。
もう目当ての旅鳥 ムギマキはこれだけ寒いといないかもなぁ。
と思い カメラをセットしました。
朝7時になる前 ムギマキが一羽来ました。しかしすぐにいなくなりました。
「おお!まだいるんだ。良かったー。」
もしかしたらムギマキはいないかもということも想定してきただけにホッとしました。

戸隠 戸隠

結局のところ逆光で満足できる写真は一枚も撮れずではありましたが
カシラダカを見れたり、地面をゴソゴソ歩くクロジのメスが見れたり
キバシリ見たり と戸隠だなーと思える野鳥に出会えて楽しかったです。
ツルマサキの実を食べるルリビタキ メス?若?

戸隠

このルリビタキを撮っていた場所ではトレイルランニングの選手達が横を走ってました。
選手の中には僕に「おはようございます」と声をかけてくれる方もいて
僕も「おはようございます!」と声をかけました。

クマが多い戸隠 今回はいろんな人との出会いが楽しかったです。
「でもムギマキのメス きれいですよね」
「はい 僕もそう思います。」
まさか宮様だとは思わず 僕は今日どのくらいの頻度でムギマキがでているとか
植物園の中の他のツルマサキがついている木の場所を教えたりと結構いろんなお話をさせていただいた。
また宮様も気さくに野鳥のいろんなことを教えてくれた。
「若いマミチャジナイは羽根のこの部分が白いんですって」
「ここに写ってるこっちはアカハラでこっちはマミチャジナイですよね?」
とカメラで写真を再生しながらいろいろ教えてもらったり、お話をしたりしました。
ほぼ敬語使わずしゃべってた自分。。。失礼しました。
後でお付きの方が僕の耳元で教えてくれて気づきました。
サッカーの試合で良く見る方だとは思ったんだけど。。。。。(笑)
綺麗なムギマキ 見れてよかったです。