8020達成

投稿日:2012年11月14日|カテゴリ:若先生日記

北区の歯周疾患健診も残すところ2週間ちょいとなりました。
昨日 8020を達成された患者さんに表彰状をお渡しいたしました。
表彰状には
「歯周疾患健診において日本歯科医師会の推奨する8020を達成したことを表彰します」
と書かれています。
 
この患者さんは80歳で歯の数が27本あります。
全体のうち1本だけ歯がない状態でそこの部分はブリッジで歯を補っていました。
ブリッジの支えている歯の状態がいまいちよくない状態なのは
1年くらい前から治療でいらっしゃっていた時から経過を見ておりました。
今回 健診を終え このブリッジの支える歯の治療を行い
1本歯がない場所にはインプラントを入れようということになりました。
治療は問題なくおわり経過は順調です。
1本は人工歯根(インプラント)+27本は自分の歯=28本

80歳で28本歯があると言ってもよいかと思います。
高齢でインプラントはどうなのかと多少心配されたようですが
当院では外科的な処置は極力少なくインプラントを埋入させるので
次の日腫れたり痛みがでるという患者さんはほとんどおりませんし
高齢の方でも診査診断で問題なければ安全に治療できます。
この患者さんも次の日経過を見ても良好でとても喜んでおられました。
1本インプラントを入れることで両隣の歯の力がかかる負担が軽減されるので両隣の歯の寿命も延びます。
1本の人工歯根(インプラント)が両隣の歯の負担を軽減してくれるわけです。
 
8020というより限りなく8027+1=8028
全体でバランスよく噛める
 
北区だと5年ごとに歯周疾患健診のハガキが来るのかな?
5年後にも表彰状が渡せたらと思います。