アシ原にて

投稿日:2013年2月22日|カテゴリ:若先生日記

MF=マイ・フィールド
僕には荒川河川敷で割といろんな野鳥がみられるお気に入りの場所(MF)があります。
 
このMFで一番会えたら嬉しいのはカワセミなのですが
最近はずーっと姿をみてません。
しかし よーくアシ原などを探してみるといろんな野鳥に出会えます。

アオジ  

アオジ
まだ冬で寒いので草むらの中に隠れていることが多いです。
しかし草むらの中から ジジッ と地鳴きの声で
その存在に気づくことができます。

オオジュリン  

オオジュリン
アシ原の中からパチ パチっと
アシの枝を折っているような小さな音が聞こえたら
それはオオジュリンが枝の中を口ばしで割って
枝の中にいる小さな昆虫を探している音です。

オオカワラヒワ  

オオカワラヒワ
おそらくこの個体はオオカワラヒワです。
ちょっと離れたところにはカワラヒワの群れがいましたが
そのカワラヒワ達よりはちょっと大きく感じました。
専門家がみればすぐ判別できるとは思うのですが
たぶんオオカワラヒワだと思います。

ジョウビタキ  

ジョウビタキ
昨日掲載した同じ個体です。
春になったらいなくなっちゃいます。
この個体は色のコントラストが強くて個人的に好きな子です。

トビ  

トビ
昨日 コミミズク見たかも と思った野鳥はトビのようです。
あまり荒川河川敷でトビは見たことなかったので?だったのですが
この写真の個体を僕はコミミズクと思ったようです。
羽根がボロボロです。昨日もカラスとケンカしたましたが
羽根がボロボロっぽく見えたので たぶんこの個体です。