手足口病

投稿日:2013年7月19日|カテゴリ:若先生日記

がこの夏 流行っているそうですね。
歯医者さんが手足口病のことなんで書くの?と思われるかもしれませんが
歯医者さんになるための国家試験の小児歯科の分野ではよく問題で手足口病が出題されたりします。
 
まずこの手足口病はウイルスの感染で発症します。
原因はウイルスです。
それをよく知っておいた方がよいです。
ウイルスと聞いて誰もがよく知っている名前だと
インフルエンザウイルスだと思います。
 
ウイルスにはいろんな名前のウイルスがあり
国家試験を受けるには学生さんはいろんな名前のウイルスを覚えるわけです。
試験にでる英単語じゃなくて、試験に出るウイルスって感じです。
手足口病であればコクサッキーウイルスが原因でおきる病気です。
 
さらにこのコクサッキーウイルスはA4とかA16とか
どこかの車のメーカーの車種を現すかのように(AUDI?)いろんなTYPEがあり
そのTYPEによって起きる病気も変わってきます。
コクサッキーウイルスA4であれば ヘルパンギーナという名前の病気になります。
ヘルパンギーナも子供の感染で多く 時期も夏が多いです。
喉がまっ赤に腫れて喉に食べ物が通過するだけで痛いくらい腫れます。
子供のを親ももらったケースとか僕は診たことあります。ウイルスですからそういうことあるんですね。
 
ウイルスの感染ってインフルエンザがそうですが 大体最初に高熱がでます。
このクソ暑い夏に高熱 のど真っ赤に腫れる 
つらいですね。
 
ウイルスという悪さするバイキンくんがいて、そいつが体の中に入って悪さすると
病名がつくような(たとえば手足口病)病気になる。
この流れで知っていて欲しいです。
病名←→ウイルス(原因)
え?手が?足が?口に?そんな病気って何?
手足口病 名前だけ聞くとなんか怖いというかイヤな感じというか
病名だけ聞いて勝手にいろいろイメージふくらませるってよくありますから。
 
コクサッキーウイルスにかかるとなる病気のひとつ それが 手足口病です。
こういうウイルスの勉強の教科って 歯学部とかだと「細菌学」とかって言います。
その中でウイルスの項目があったりして
まあ簡単にいえばいろんなバイキン君たちの仲間を覚えたり
バイキンくんたちがどうやって体の中で悪さするのかを知る教科です。
結構 覚えること多くて暗記教科と言えるかも(細菌学の先生ゴメンね)
 
僕が最近覚えたのは……
ヴァンフォーレ甲府の選手の背番号と名前
甲府の18番の柏 好文 選手 こないだスタジアムで観ていてよかった だから覚えた。
好きなことならいくらでも覚えられる。
細菌だって好きになればきっと覚えられるな。
 
森重(モリゲ)は代表で何番なんだ?気になる。