多摩川クラシコ

投稿日:2013年8月11日|カテゴリ:若先生日記

8月10日の夜10時 武蔵小杉駅から湘南新宿ラインに乗った。
僕と息子は青赤のFC東京のユニフォーム サッカー観戦で汗かいた。声は応援で少々かすれ声。
車両では 何かのイベントに参加した方々が
サザンのコンサート?むこうにはマリノスのユニフォームを着た人もいる 浴衣を着たひともいる
湘南新宿ライン いろんな格好をした人だらけで面白い。

青赤のユニフォームを着た僕は「多摩川クラシコ」とよばれる
川崎フロンターレVSFC東京の試合を等々力競技場へ
観戦しに行きました。
前半 後半90分間 両チームとも力をだしきったすばらしい試合だった。
フロンターレはレナトー中村の連携が完璧で
そこから大久保にパスが通ればGOALできるという方程式みたいなものがあった。
大久保選手の動きのキレは半端なかった。
今期みてきたJリーグの試合のすべてのFWの中で一番のキレと思えるほど
フロンターレは攻撃のスピードが速くFC東京は守備におわれる展開。
東京の守備はよく集中してやれていたと思う。
フロンターレの選手はみな「はずす」動きが抜群に上手い。風間監督の教えが浸透しているのがよくわかる。
僕の推し選手 長谷川アーリアジャスール選手 TOP下のポディション。
期待していた程ではなく残念だった。
守備と攻撃の攻守の切り替えに迷いがあるのか 良いパスもだせてはいるのだが
動きに迷いがあるように見えた。
監督の指示を忠実によくやれているとは思うが時に思いっきりのある気持ちの入ったPLAYも見せてほしい。

僕は行きの湘南新宿ラインで息子に「パパ 今日は誰が点とると思う?」の質問に「こうすけ」と答えた。
後半 FC東京の太田 こうすけ選手がFKをきめて同点においついた。
太田選手はここのところ調子がよく チームのために全力をつくすPLAYを常にしている。
GOALがそろそろあっていいと思っていた。

多摩川クラシコ    

結果は2-2の引き分け フロンターレ、東京 両チームの選手 監督 サポーターに
拍手を送りたい試合であった。
いつも試合観戦の帰りにサッカー雑誌の選手の評価みたいなのを子供から聴かれるので
僕なりのこの試合の選手評は
F東は高橋 秀人 6.5 フロンターレは大久保 6.5で 一人MVPを選ぶなら大久保選手です。

来週は日本代表VSウルグアイの試合があります。
F東からは権田 森重 高橋の3人が招集されました。
多摩川クラシコでもこの3人はすばらしいPLAYをしてました。
代表でも活躍できる実力は充分にあるだけに楽しみです。