待つ事も必要

投稿日:2013年12月5日|カテゴリ:若先生日記

この写真の白く長く写っているものがインプラントと呼ばれるものです。
歯茎の下の骨にチタンでできたネジ山みたいなものを埋めたのが8月の中旬
お盆休み 僕はとくにその時期 休みたいとか思わないのでこんな治療を蝉の声を聞きながらやってました。
9月 10月 11月と3ヶ月ほど経過を見て
12月に8月に埋め込んだネジに立ち上げの部品(アバットメント)を入れます
するとこの写真のように歯茎の上にしっかりとした立ち上がりができ
そこに歯みたいなもの(仮歯)を作って付けます。
このようにインプラントの治療では9、10、11月と3ヶ月待ったりする時間が必要になります。
12月になりました。
9月からはじまった北区歯周疾患健診は12月2日に終了いたしました。
今年は8020をクリアされた方が当院では6名いらっしゃいました。
健診は自分の歯の健康を知るよいきっかけになると思います。
年齢の節目の方に区からハガキが届きますから来年もよろしくお願いいたします。

僕が仕事で忙しい日が続くと週末は誰も人がいないところで一人になりたいと思うことがあります。

ですから週末の休みは例えば写真のような景色が見えるところへ行って自分をリセットさせます。
浅間山 綺麗だな。こんな森の中だったら人に会わないだろう。。。。
あれ?向こうに人がいる。ん?見覚えのある顔だなぁ?
「こんにちは」
バードウオッチングを趣味とするご夫婦さんです。
このご夫婦とは へぐら島で出会ったり こないだは戸隠で出会ったりと
会う約束もしてるわけではないのに人が来なそうな場所で偶然出会ったりします。
「ムギマキのメス?もしかしたらルリビタキのメスかもしれないけど近くに1羽でてるよ」
と こないだ戸隠でこのご夫婦に出会ったとき
僕がもう帰りますと一人戸隠を去ろうとしたとき携帯に電話してくれました。
「あーありがとうございます。んー今年はもういいや。来年秋またここに来ます。」
なんだかんだ人との出会いは楽しいのかもなぁ。
野鳥との出会いもこれまた楽しい。
この写真を撮った日はこれといった野鳥には出会わなかったけど
自然のおいしい空気をいっぱい吸えただけで十分幸せな気持ちになれました。