歯が折れた

投稿日:2013年12月18日|カテゴリ:若先生日記

差し歯がとれた。
詰め物がとれた。
であれば 歯医者さんへ行き とれた差し歯、詰め物を持っていってきちんと元に戻ればつけてもらえば良いと思います。
よく自分でアロンアルファでつける人もいますが……
1.つけるとき元の位置にちゃんともどってない。
2.歯にセメント(接着剤)がこびりついていて、それをとらずにそのままその上からつけるとこびりついたセメントの厚み分つけたものが浮いた状態になる。
ですから
自分でアロンアルファでつける場合は上記の1、2のよくある「使用上の注意的な事」をわかった上でうまく自分でくっつけられて痛みも無くうまくくっついてくれていれば
それでいいかもです。

「歯が折れた」はこうはいきません。
今回は差し歯(神経をとっている歯)で歯が折れた→つまりは歯の根が折れた
症例についてちょいと書いてみますがこの場合は
歯の根っこの折れ方で運、不運が決まります。
「不運」
歯の根っこに対して縦にパキーンって割れている場合は「不運」です。
治療としては抜歯です。
歯を抜かないと痛いです。折れた根っこが歯茎に突き刺さった状態になりますから。
「運」
運良く歯の根っこの上(歯茎に近いところで)横に少しだけヒビが入って折れた。
まだ歯の根っこは抜かずにいかせそうだ。
治療:抜歯しない。なんとか上手い方法で歯の根っこを利用できれば利用するようにしてみる。

と大きく2つに別れます。運、不運→抜歯or抜歯しない です。

誰だって歯は1本でも残したいです。
治療する側だって同じ気持ちです。
どうにかして折れた歯を抜歯せずに折れた歯を残せるか?な症例をいろいろ頑張っている今日このごろです。
ここ数ヶ月 僕はこのような症例が非常に多くて気合い、根性、努力なども利用しながら治療してます。
先月は午前中差し歯の差し込みの型とる→差し歯の差し込み作る→午後差し歯の差し込みつける
と患者さんに午前、午後と来ていただき 治療するぼくは気合い、根性、努力で1日でも歯がない状態がないように昼休み返上でコア鋳造して
午後セット×数日 をやったりもしました。
歯の破折は本当絶対さけたいです。インプラントにならないように気合い入れて治療しているわけです。
もちろん「不運」で抜歯で即インプラントを入れるというかっこいい治療も世の中にはありますし 僕もたまにやりますが
そうならないように頑張っていたりします。

歯医者さんが使っている接着剤(セメント)と呼ばれるものにもいろんな種類がありくっつき方も様々ですが
基本的にアロンアルファなんかよりすべて全然最強です。
アロンアルファはとれるときは剥がれるようにとれます。

ということで 歯医者さんはただ単にくっつけているわけではないので
困ったらくっつけることをよくわかっている歯医者さんへいきましょう。
100円均一(100きん)でアロンアルファもわかるけどね。
僕は患者さんのいろんなアロンアルファくっつけ症例もたくさん見てますし、患者さんが生み出した様々なくっつけ方法もよく聴かせてもらったりしてます。
どこの100きんが安いかも教えてくれた患者もいらっしゃいます。
でもやっぱ何事にも「限界」ってやつがありますので
あまり無理、無茶はおすすめできません。