サッカー観戦3年ちょい経過

投稿日:2014年4月22日|カテゴリ:若先生日記

前回の南アフリカWカップ終了後から僕はスタジアムでサッカーを観戦するようになり3年ちょい経過しました。
僕がこの3年間ちょいスタジアムで見てきた選手がブラジルのピッチの上に立っているのを想像するだけで涙が出てきそうです。

写真はナビスコカップ予選 浦和VS徳島 4−3で浦和勝利
この試合では前半 山田なおき選手がスタメンで出てました。前十字靭帯損傷からの復帰 すごくうれしかったです。
(僕自身はスキーで2度 前十字靭帯を損傷しているので個人的にACL再建復帰選手はめっちゃ応援してます。F東ならヨネ 湘南へ行った大竹選手とか)
僕の大学の先輩が熱烈な浦和サポーターで先週は埼スタへお供させていただきましたが、先輩先生とサッカー談義できて楽しかったです。

20140422_2

写真は味の素スタジアム FC東京VSセレッソ大阪
4万人以上のお客さんが入りホームでFC東京が勝利!
高橋秀人選手すごくよかった。高橋選手は4−3−3のシステムで中盤の3のところにアンカーのポディションをやっているのですが
僕が3年ちょいFC東京の試合を見てきた中で高橋選手はこの試合で攻守において過去最高のパフォーマンスを見せたと思いました。
あのくらいのパフォーマンスが常にできていればサムライブルーのボランチとして選ばれてもよいと思えました。
中盤の3ボランチ?がフルで機能できればFC東京はここから先負けることは少なくなると思います。
守備の面では吉本選手がよくがんばっていて見ていて頼もしかったです。

最近よくサプライズ選出は誰なのか?みたいな記事を目にしますが、正直僕はJリーグの中の選手の誰が選ばれても驚きません。
(本気で探せばJ2にだって選ばれてもいい選手はいると思います。)
逆にサプライズがあるとしたらいままでスタメンの常連だった選手が選ばれずに(ケガはのぞく)他の選手が選ばれた場合です。
僕は個人的には本田圭介選手がいない日本代表っていうチームのパーターンをMY日本代表ではよく考えてました。
おそらくミランの本田選手がチームから外されたらサプライズでしょう。でも世界相手にサッカーするならあえてそこまで考える必要もあるかとは思います。

ブラジルワールドカップでサムライブルーが活躍するには最終的にはチームとしてどれだけまとまるかだと思います。
有名な選手の名前が11人そろっていれば強いチームというわけではありません。
上記の試合のようにフォルラン、柿谷、山口蛍、南野、扇原選手などがいてもユース出身の若手(武藤、三田)が活躍し始めているFC東京に負けることはあるわけです。
ザッケローニのサッカーは結果がでている時は「バランス」が良いです。
選手どうしの距離間のバランス、攻撃、守備のバランス、すべての要素のバランスがいいと世界相手にも臆することなく戦えると思います。

ブラジルW杯開幕まで時間がない 僕が監督だったら(って男の子は考えたりするんだけどさ)3年かけて育てたチームの最後の練習はセットプレーしかしないかも。
上記の浦和VS徳島の試合 先生したのは徳島のCKからのゴール。戦力の弱いチームでもセットプレーでの得点パターンがしっかりしているチームは意外と強い相手からも得点を奪えたりできる。
セットプレーで正確にボールを蹴れる選手 例えば僕ならマリノスの中村選手は日本代表にいて良いと思えます。FC東京なら太田宏介選手も良いです。
ブラジルワールド杯でFKの場面があったとき 本田選手か遠藤選手がきっとボールを蹴るでしょう。でもそこでこの2人の選手レベルでFKを蹴れる選手はいます。

ブラジルワールドカップまで僕はスタジアムでJリーグを見る。