100歳の患者さん

投稿日:2014年9月12日|カテゴリ:若先生日記

昨日は雨の中 100歳の患者さんが車いすにのって付き添いのご家族の方と一緒にいらっしゃいました。
雨で天気が悪いので僕は「明日でもいいのではないか?天気が良いときの方が良いのではないか?」
と思ったのですが「入れ歯が割れて食べられない これでは食べられない」
とのことで来院されました。

その患者さんは入れ歯ではありますが 100歳でも おせんべい が好きでよく食べるそうです。
なんかとても嬉しいです。
壊れた入れ歯は修理すればいいんです。
修理すれば またちゃんとおせんべい食べられるようになります。

雨の中100歳の患者さんが来てくれれば当然僕はその患者の(入れ歯なおしてっていう)熱意に応えたいって気合いが入ります。
「おれ 強烈に努力するぜ」
って思いながら入れ歯を修理しました。
(強烈な努力 FC東京の武藤選手の座右の銘に影響されまくっている今日このごろ。。。。)

で そのあと携帯に「おまえのブログ(これ)読んだ 何か音楽のこと書いてたよね なんか最近のおすすめの曲ある?」って同級生からのメールに僕は
「デスクロジャー ラッチ」って返信しました。
サム・スミスのボーカル力の半端なさとデスクロジャーの兄弟のこのおしゃれ感満載の曲に僕は今現在再評価しまくりでよく聴いてます。(1年くらい前リリースの曲なのですが)

今日は健診で8020をクリアした患者さんに表彰状と歯科医師会の方から渡すようにと言われている歯ブラシをプレゼントいたしました。
80歳で20本以上歯があるって健康でいいですよね。
80歳の方であれば100歳まで20年あります。人生は長いです。
きっと20年後は「そういえば昔スマホなんていうちっともスマートでない携帯電話あったわよね」なんて言ってる時代になっている気がします。
ポケベルがならなくて恋が待ちぼうけして20年は経過したはずですし。

あと今日は1歳1ヶ月のかわいい女の子がママと一緒に来ました。
1歳の子でも目が合えば 僕に何か言っているのは伝わってきます。
「わたし 歯医者はじめてなんだから こわくしなでよ ぜったい」
って強烈な眼力レーザービームがびしっと伝わってきました。
1歳の女の子の強烈な眼力に40ちょいのおっさんは「了解っす」って感じで40歳なりの精一杯の眼力では応えてみました。

老若男女 ちょっと僕はその振り幅が仕事柄広いような気がしているのですが
いろいろ患者さんから学ばせていただいております。

そんな今日このごろです。