北区の工芸作家展

投稿日:2014年10月10日|カテゴリ:若先生日記

昨日のお昼休み
飛鳥山公園の中にある飛鳥山博物館へ北区の工芸作家展へ行ってきました。
毎年この時期僕はこの工芸作家展へ行ってます。
僕が診ている患者さんの作品があるからです。

工芸展の中は撮影禁止ですが、この写真は岩本 英子さんが当院へわざわざ人形を運んでいただき
見せてもらった時に撮影した写真です。

この工芸作家点は10月13日までやっていますから、天気のよい飛鳥山公園の散歩ついでに
飛鳥山博物館でやっている工芸作家展に寄ってみるのも
面白いかもしれません。

どの作家さんの作品も非常にいい個性があり、精巧につくられていて
どうやってこういう作品をつくるんだろう って毎年作品を見るたびに思います。
岩本さんの人形の作品も毎年見ていますが、
今年の作品は人形に着せている着物の生地がとても色鮮やかで美しいです。
確か菊の花を片手に持ち、菊の絵柄の生地を着た人形が展示されていました。
日本独特の美しさを感じる非常にすばらしい作品で感動しました。