福祉園の歯科健診

投稿日:2014年10月17日|カテゴリ:若先生日記

昨日は福祉園の歯科健診へ行きました。
この健診は僕の大学の先輩先生と行かせてもらってます。
先輩先生が健診をして、僕は書記をしました。
書記をしながら先輩先生の健診を見ていると勉強になることが多くて
僕としてはとてもいい勉強ができる機会でもあり、ありがたいです。

具体的にどんなことが勉強になるかというと
歯医者さんがやる歯の健診というのは虫歯探しをやっているだけのように思われがちですが
そういう健診であったとしても、何気なくかなり全体的に客観的にいろいろ見てたりします。

今回の健診だと見る項目の中に
歯列(歯ならび、噛み合わせ)
口蓋(上あごの状態)

が健診で見る項目の中にあります。
福祉園なので障害をお持ちの方を診るので
上記のような口蓋や舌を診ることも大切になってきます。

義歯をきちんと使用してきちんと使用されている方もいれば、
かなりきちんと歯磨きができている方もいました。
ケアマネージャさん方の努力などもあってこそだと思いました。

僕はまだこの福祉園の健診は2年目で経験が浅いですが、先輩先生は長く健診されていますので
何名かの方はなんとなく口の中の状態を把握されていました。
健診は継続して診ることも大切だと思いました。