年末

投稿日:2014年12月25日|カテゴリ:若先生日記

今年も残すところあと数日となってきました。忙しく仕事させてもらってます。忙しいレベル 5(最大値)です。
この若先生日記の更新ペースが明らかに遅くなっているのは単純に「忙しい」からです。
これ以上「忙しい」という言葉を使うにはNGワードにひっかかっている可能性があるのでもう使いません。
特にこれと言って書くこともありませんが、最近映画を久しぶりにみました。
ひとつはゴーンガールという作品。非常に評判がいいので期待して見に行きましたが、残念ながら私には全くの期待はずれの作品でした。
デビット・フィンチャーの作品は好きな作品が多いだけに残念度が高かったのですが次回作に期待してます。
もうひとつはインターステラーという作品。こちらも非常に評判が良いですが これは良かったです。
私はあまり映画を見て感動しても涙までは流さずすむ歳になったつもりですが、不覚にも涙しました。
この映画の監督さんはクリストファー・ノーランさん 「メメント」っていう映画で有名になった監督さんなのですが
僕が大学生のとき「メメント」は東京でも渋谷の小さい映画館でしかやってなかった作品だったのですが、この映画は当時劇場で見たとき強烈にインパクトのある作品で
私の今まで見てきた映画BEST10に絶対入る作品のひとつです。
インターステラーにもメメントにあったような時間に対する常識を覆すような台詞とかあって面白かったです。
映画と言えば新宿のミラノ座が閉館したのを先日テレビのNEWSで見ました。ミラノ座で見た映画の作品で一番思い出深い作品は「羊たちの沈黙」です。
ミラノ座閉館間際に見た作品はRAID 2(GOKUDO)。RAIDは1年くらい前にこの日記の中でもアクション映画のことを書くのはバカっぽいけどインドネシアからでたこの作品はすごい!って興奮気味に書いた覚えがあるのですが
その続編の映画です。RAID同様のアクションで面白かったです。さよならミラノ座はRAID2で映画館にちゃんと挨拶できたかな?
年末年始 暇な時間があれば24の最新作をいっき見し、ホームランドのシーズン4をいっき見はしたいなぁと思ってます。
年末年始 おそらく朝早くから山でスキーしてヘ毎日疲れてそんな作品を見る間もなくバタンキューで寝ている気がしますが。
「雪山最高!」って言葉を確かバンクーバーオリンピックの直前にNHKの番組で「大会の意気込み」に対して直筆で書き残したアルペンスキーの佐々木 明 選手に偶然こないだスキー場でお会いしました。
佐々木選手は昨シーズンでアルペンスキーの現役を引退しましたが、今もスキーヤーとして世界中の雪山を滑っています。ちょっとだけ佐々木選手と話しをすることができたのですが、彼は本当に雪山を心から愛しているナイスガイだと思いました。
スキーが好き以前に雪山が好きな人でスケールが大きい人間です。いつも笑顔を絶やさない余裕があります。
僕もスキーというスポーツが好きな一人だとおもうのですが、雪山へ行くともうそれだけで気持ちが真っ白になれてイヤなこととかすべて忘れてしまいそうになるくらい幸せな気持ちになる瞬間があります。
雪山は佐々木 明選手が純粋にそのときの感想を書いたときのように 最高! な場所だと思います。
難しいことをごちゃごちゃ言わず「雪山最高!」って4文字でスキー好きを表現してしまう佐々木 明選手の笑顔にすごく元気をもらえました。
雪山って最高なので 寒いですが 冬休み ちょっとスキーでもスノボーでもしてみるか?みたいな人が一人でも増えてくれたらいいなって思います。
温泉入りながら雪山を見るなんていうロケーションもいいかもしれませんね。
雪山の中で赤い小さい野鳥(ベニマシコとか)見るのも幸せな気持ちになれますよ。
冬は雪山が最高です!