麦蒔きフライキャッチャー

投稿日:2011年11月8日|カテゴリ:若先生日記

英名:Mugimaki Flycatcher
訳:麦を蒔く時期に来る ハエを捕える名人(みたいな感じ?)

フライキャチャーは野鳥ではヒタキ科の野鳥のこと
麦を蒔く時期にくるヒタキ=ムギマキ

10月下旬から11月初旬
麦を蒔く時期に日本を通過する野鳥がいます。
日本では そのヒタキ科の野鳥を 
ムギマキ
といいます。

僕は毎年 このムギマキと呼ばれる野鳥を探しにこの時期 
ムギマキ遠征
を長野の山奥であったり、時に兵庫県の六甲山のとなりのあたりまで車でムギマキを探しに行く。

しかし 今年はこのムギマキがこの時期にかなり見られていないらしい。
なかなか寒くならないのが影響しているのか?原因はわからないが

 

僕は今年のムギマキ遠征を断念した。
壊滅状態に近いらしく
遠征に行ってもムギマキに出会えない可能性が高いらしいからだ。
来年はちゃんと秋にムギマキを撮りに行きたい。
写真は去年のこの時期に撮ったムギマキの雄。
キビタキに似ている。
紫色に熟れたカラスザンショウの実が大好き。