ひれの長い鯉

投稿日:2011年11月15日|カテゴリ:若先生日記

今日来た患者さんが鯉を2匹もってきてくれた。
1年半育てた鯉なのだが 水槽で飼うには大きくなってきたので
うちの池にいれてほしいとのことなのだが
ありがたい。

鯉は長生きだ。
池とよぶには小さいが家には池がある。
僕は子供のころからよくこの池にいろんな生き物をいれたりして遊んでいた。
イモリ、タガメ、ナマズ、ウナギ、ライギョ、ブラックバス、鮎(大先生)、ウグイ、オイカワ…..
大先生の趣味である鮎釣りで釣れたアユを夏に池に入れたり
僕はオヤジの鮎釣りの横で毛バリで釣ったウグイやオイカワを入れたり
戸田のボート場で捕まえたテナガエビ、クチボソ….
水生昆虫もいろいろ泳がせた。タガメやタイコウチ、ミズカマキリ、コオイムシ、ゲンゴロウ、ガムシ
あげたらきりがない
タガメは夏の鮎釣りで夜 川の上の橋の街灯に飛んできたのを捕まえた思い出がある。
いまではこういう水生昆虫が絶滅状態に近いのが悲しい。
僕は今 バードウオッチングが趣味のひとつであるが
鳥だけが好きというより生き物すべてが好きだ。
小さい頃からいろんな生き物を飼ってきた。

今現在、池の中には僕が小学校2年生のとき お祭りで 金魚すくいではなく鯉釣り
で 500円払って釣れなくて「1匹もってけ」といわれた小さい金魚くらいの鯉が今まだ
この池でちゃんと生きている。

今日いただいたひれの長い鯉もきっと長生きするだろう。
来年、5年後、10年後
成長するのが楽しみだ。