ゆあ

投稿日:2012年1月26日|カテゴリ:若先生日記

昨日のお昼はテニスの全豪オープンで錦織選手のBEST4なるか?
でスポーツは盛り上がってましたが
僕の携帯には朝からめずらしく数人からメールが着信
?何のメールだ 朝から 誰だ?ん?

朝来たメールはすべてスキー仲間からのもので
内容はすべて 

湯浅 5位!

というものであった。

やったー!
凄いよね

みんなすごく嬉しそうな内容だ。

1月24日 オーストリアのシェラドミングで行われた 
FIS ワールドカップ 男子 スラローム

日本の湯浅 直樹 選手 が5位に入ったのだ!

もし錦織選手がBEST4まで勝ち進んだら 凄い盛り上がりになってたと思うのですが
この湯浅5位は僕はそれに近いくらい凄いことだと思います。

僕はアルペンスキーFUNで高校生の頃は盛岡に雫石の世界選手権を現地まで行って観戦したり
長野オリンピックもダウンヒルやスラロームを見に行ったり
志賀高原で行われたワールドカップ
野沢温泉のシュナイダーカップ
小樽で行われたFISのレース

目の前でポールをなぎ倒す選手の迫力には圧倒されます。
志賀高原で行われたワールドカップ 男子スラロームでは大会が終わったあと
湯浅選手にサインをスキーウェアーの袖に書いてもらいました。
「死攻」という湯浅選手の造語も書いてくれました。

小樽のFISのレースをゴールで観戦してたとき たまたま隣にいた女性といろいろスキーの話をしてて
「僕 いつかシェラドミングのナイターレース見てみたいんですよねぇ」と言ったら
「あーいいわよーすごいわよ 絶対行った方がいいわよ すごい迫力だから!」と答えてくれて
「?」と思いよくよく話してみたら 佐々木 明 選手のお母さんだったこともありました。

死ぬほど攻める
シェラドミングの2本目は凄かった!
日本だとJ SPORTSでアルペンスキーを放送してます。

 

写真はお昼休み 荒川で撮ったタヒバリ
タヒバリはヒバリとか言ってるくせに セキレイの仲間です。

昨日 都民ゴルフ場の脇で オジロビタキを偶然目撃し
もしかしたら 今日も運よく見れるか?
と思い冷たい風が吹く中 水門の先まで行ってみたものの
姿はなし。
おそらく通過したオジロビタキを偶然見たのでしょう。

カメラ持ってないときに限ってこういうことあるんですよねぇ。