冬から春へ 青い鳥 PART2

投稿日:2012年4月9日|カテゴリ:若先生日記

オオルリのような夏鳥と呼ばれる渡り鳥と違い
渡りをせず1年中 日本にいる青い鳥もいます。
ルリビタキ
という野鳥は渡ることはせず日本で四季をとおして見ることができる野鳥です。
 

冬に撮ったルリビタキ
メスでしょうか?
ルリビタキのメスはオスのような青い色は目立ちません。
この写真は2年前くらいに
北軽井沢にあるホテルのロービーから撮影したものです。
ちなみに今年の冬はこのロビーでカメラを何度か構えましたが
一度もルリビタキには逢えませんでした。

春に撮ったルリビタキ
この子はオスです。青と黄色がきれいです。
4月末 八ヶ岳のふもとで偶然 目の前に現れました。
足元のコケがきれいです。

ルリビタキも山で偶然出会うと嬉しいですね。
青と黄色の羽根をもった野鳥ってそんなにいないですからね。

富士山のふもとにはこのルリビタキ多いですよ。
富士登山の際はルリビタキの声に耳を傾けてみてください。
5合目の駐車場のあたりでよくさえずってます。
奥庭の「こけももジャム」は体にいいですから お土産にオススメ。