オフシーズン開始

投稿日:2012年5月13日|カテゴリ:若先生日記
 

この写真は先週の日曜日
長野県は志賀高原 焼額山スキー場
朝7時ごろ撮った写真です。
この日でこのスキー場の営業は最終日
滑りおさめした感じです。
この日は天候が途中 雨 風 強く
ほとんどお客さんもいなく
もしかしたら本当に最後まで
ここでスキーしていたお客さんになっていたような
気がします。

 

これから梅雨がきて 夏がきて 秋がくるのに
もう次の冬のことを考えながらこの日 
僕も息子たちも滑ってました。

僕が今使っているスキーの道具は ノルディカというメーカのブーツとスキーの板を使っているのですが
この日はスキーのコーチにサロモンというメーカーの来季のブーツと板をお借りして試乗しました。

スキーの道具というのも年々 進化しており 
その道具の進化にあわせて滑りも合わせていった方が よりスキーというスポーツが楽しめると思います。

スキーの来季モデルはスキーの板以上にブーツが進化しているように思えました。
スキーの板に乗るポディション(位置)が若干かかとよりになり 後傾になりそうな雰囲気があるものの
ブーツの後ろの剛性を高めて後傾にはならないようにしている
それによって一番楽にスキーを操作できる
そんな風に僕は来季のブーツをはいて感じました。

この若先生日記では歯のことは極力かかないように心がけてます?
スキーのこともたまにはここで書いてみないとね。
これから夏がくるのに。