投稿日:2012年7月17日|カテゴリ:若先生日記
 

苔が美しいと思える場所
長野県の佐久穂町 白駒池 という
日本で一番標高の高い池周辺は
何度行ってもそう思える。
池にはマガモがいた。
 

 

毎年梅雨明けごろから8月初旬の週末は
僕は白駒池に日の出から歩いていることが多い。
ここで見る日の出の美しさ
ルリビタキやメボソムシクイ、コマドリなどの野鳥の声
いろんな種類の苔 植物の美しさ 
たくさんの自然の美しさに出会えます。
倒れた巨木の根 そして苔 白駒の森ならではの景色。

 

この日は早朝強い雨が降り まだ水の滴りを感じます。
かわいいキノコも見えます。

 

池の周辺には
僕がバードウオッチングを始めるきっかけになった
野鳥 コマドリの声も聞こえます。
コマドリは8月初旬にはこの森を去り 日本を去るでしょう。
夏鳥の夏の終わりはこの池に行くと早いと思えます。