川遊び

投稿日:2012年8月7日|カテゴリ:若先生日記
 

先週末は埼玉県の飯能へちょっとした木材の加工をしに
そして木材の加工ができる工房の近くを流れる高麗川へ川遊び

工房は夏休みの工作をしにきている子供たちがたくさんいました。
川は巾着田のさらに上流なので
足首が隠れるほどの深さしかない川なので
子供たちも川遊びをするのは安心です。
川はオイカワが泳いでいるのが目で見えるほど澄んでいます。

 

僕は子供のころ夏休み 昆虫採集ばかりしてました。
カメラを持っていても自然と昆虫ばかり撮ってました。

子供たちは川の石をひっくり返しては
石の裏にいる水生昆虫を探してました。
子供のころは鮎釣りをやる大先生の横で
僕は針にカワゲラなどの水生昆虫を捕まえては
針につけてオイカワやウグイばかり釣ってました。
たまにヤマメなんかが釣れると嬉しかったです。

 

アオスジアゲハは川の近くで水分補給

 

このトンボは家に帰って図鑑で調べると
コヤマトンボのようです。
僕は図鑑を見るのは子供のころから大好きです。

 

写真の右にあるような木の板に色を塗って
左のような板を2枚作りました。
この板は診療室の窓枠のロールカーテンのロール部分を
隠すために加工。
このくらいのことはDIYする方が楽しいです。