午前
午後
午前:9:00-12:00/午後:14:00-20:00
※午後の診療受付は19:30迄
〒115-0045
東京都北区赤羽1-65-12
TEL:03-3901-1088

JR埼京線/京浜東北線/高崎線
「赤羽駅」東口徒歩3分















咬むと痛い

一般歯科で患者さんが歯の痛みで来院される多くのケースは

1.歯の神経の痛み(虫歯)→しみる。ズキズキする。
2.歯の歯根膜の痛み   →噛むと痛い。食べれない。

の大きく2つの痛みです。
まずはきちんと歯の痛みの原因を来院して診査し、痛みの原因を患者さんに説明してから治療へと進んで行きます。

こちらのページでは、咬むと痛い(歯根膜の痛み)についてご紹介いたします。

咬むと痛い

咬むと痛い原因は、歯の中にある神経の痛みではなく、歯の根の周りにある歯根膜の炎症による痛みです。
口の中に髪の毛が1本入ったとき、歯でその髪の毛を咬んだときに、その髪の毛の太さが感覚的にわかると思います (1ミリない太さを感じ取れるほど繊細な感覚です)。
その感覚をつかさどっているところが、根の周りに張り付いている歯根膜です。

咬むと痛い原因は
1.詰めたもの・被せた冠の咬み合わせが少しでも高い(あたりが強い)
2.歯茎の隙間(歯周ポケット)からバイ菌が入って歯茎が腫れた→歯が少し浮いたような感じになる。
3.歯の神経が知らない間に死んでしまっていた。
4.抜髄したあとの治療により、しみる痛み(虫歯の痛み)は治まったが、今度はやわらかいものも咬めなくなった。

このように咬むと痛いというのは、上記以外にもいろいろな原因がありますから、まずはその原因をきちんと診断して、その原因に合う治療を行うことです。

歯根膜とは、口の中に髪の毛が1本入ったとき、歯でその髪の毛を咬んだときにその髪の毛の太さが感覚的にわかるセンサー

歯周靭帯とも言う。この靭帯が伸びてくる→ゆるくなる→歯がグラグラになる→抜歯するしかないことになる

ここが炎症がおきると、やわらかいものでも咬めない感じが起きる。
むし歯を放っておいたら、咬むと痛くなるのは、神経が壊死・壊疽をおこして歯根膜炎を起こすからです。
歯髄炎→歯根膜炎