午前
午後
午前:9:00-12:00/午後:14:00-20:00
※午後の診療受付は19:30迄
〒115-0045
東京都北区赤羽1-65-12
TEL:03-3901-1088

JR埼京線/京浜東北線/高崎線
「赤羽駅」東口徒歩3分















抜歯について

口腔外科(こうくうげか)と読みます。

当院で口腔外科と呼べる治療で一番多いのは、「抜歯」が多いので、ここでは抜歯について書かせていただきます。

歯を抜くイメージは圧倒的に

 

鉗子(かんし)で歯をつかんで引っこ抜く、というイメージをお持ちの患者さんが多いと思うのですが、当院で歯を抜くイメージは「歯をはずす」感じです。

はずす=脱臼させる、ことです。

ですから、いきなり“鉗子(かんし)”で歯をつかむことはせず、まず麻酔が効いた状態で探針(たんしん)歯と歯茎の隙間から歯の根の周りにある“歯根膜”を探針で触ることで歯を軽く脱臼させ、 次に 

 

挺子(ていし)で少しづつ歯を脱臼させます。

すると歯はグラグラになり、最後に“鉗子(かんし)”でグラグラの歯をつかんで抜きます。 
歯を抜くことに不安をお持ちの方は多いと思いますが、“抜く”というより、実際には“歯をはずしている”と思っていただけると良いと思います。